境内案内

TOP > 境内案内

千体観音奉安

遠くから当山と観音様の縁は不可思議に満ちており、それは広大な
観音様の御慈悲の如くであり、家内安全・商売繁昌の霊験あらたか
な見るも絶景なる自然との和を保つ観音群です。

千体観音奉安

十二支守り本尊

私達の運勢は生まれ年の十二支と大きく関りあいがあると考えられ、
人生に迷い、決断に苦しみ助けも得られない時、御仏様に対する信仰
が自信を生み強く生き抜く心の支えとなるのです。

十二支守り本尊

展示場

聖徳太子御自らの聖観世音像や、肖像美術界最高峰の馬堀法眼喜孝
画伯による歴代天皇の肖像画など多くが展示されています。

展示場

ポックリ堂

人生には自殺や事故など苦しみを伴うことが多く、
そういったことがないよう「ポックリ」といけるようにと、
住職が付けられたお堂です。

ポックリ堂

寝拝み楊柳観音

古来より尊崇された観音様であり、我国肖像美術界の最高峰馬堀
法眼喜孝画伯により一筆一念復元されたもので、世に珍しく岩底に
描かれた観音様で、一切病魔の払いはもとより心身の病を治して
くださると伝えられています。

寝拝み楊柳観音

その他

銀竜草(ギンリョウソウ)の生息地であり、3月下旬からが見頃。
花が咲く短い期間以外にその姿を地上で見られないため、非常に
珍しいとされています。色素のない全体が透けた白色が銀のように
渋みのある色合いをしている。 別名:ユウレイタケ

銀竜草